A notice of survival

虚崩の生存通知日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ディスティニー。
テストが終わりましたー。

んで、

人生も終わりました。

あれ、これ前にも言ったかも知れん。

どーも。疾駆です、こんばんゎ。

今週、俺のディスティニー(運命)の歯車が狂いました。

それは、ある朝・・・

U先生「今から、生徒会立候補するやつ集めるから。」

俺「まぁ俺には関係ないな。」

U先生「一貴!」

俺「うぇ!?」

こうして俺は集められた・・・。

他にも立候補するやつがいたんですけど、その人たちは自分が立候補するって知ってたっぽい。

なんせみんな強制立候補だからねw

俺もその一員です。なぜ俺なんだぁ~。

なんか俺は書記に立候補しろとのこと。

まぁもうしてやるよ!

演説がでもめんどくさいよね。

先生いわく、

「今のこの学校の悪いところ斬っちゃってくれ。」

っつーことだから俺は、

先輩斬ります!

コマ切れ程度にねw

俺の学校の先輩は俺的にどうもいただけない。

特に女子だ!

てめぇらなめとんかって感じ。

まず、幼稚すぎ!はしゃぐな!もっと大人らしく冷静にしてろ!

放送流すとかにも笑ってたりしてマジ不快。

もうマジでギッタギタに切り刻んでやる。(言葉でねw)

去年の三年生を見習って欲しかった・・・。

しっかりしていて責任感があった先輩達ばかりで、俺はとても尊敬していました。

でも今年はどうだろうか。

男子なんてタメ口で話されてる先輩とかいます。

もう俺が生徒会に入った暁には、

上下関係もっとしっかり作ってやる。

これ、マニフェストとして掲げるよ、うん。

今日はこの辺で。

☆・∮。三≡ヾ(゜∇゜((☆≡三‐=(・。・ ) ペガサス流星拳!!・。☆・∮。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。