A notice of survival

虚崩の生存通知日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
特に書くことなぃ
はーぃ、サボッました。すいません。ごめんさぃ。もうしませ(ry 虚崩です。ちゎ!

いやぁ、管理人に100の質問をつくりましたよ。これで俺の性格とかわかるはずですよっと。

ってかね、うん。ごめん、やっぱいえん(氏

とりあえず、みんな祝ってwただおめでとうというだけでいい。

はぃ、俺おめ!

まぁこんな意味不明な前フリは右斜め45度に置いといて、

最近、大塚 愛の曲がよくなってきた(自分的に)

Cherishってやつで泣きました。

うん、まぁオチもなにもないけどね。・゚・(ノ∀`)・゚・。

ゆーとに感染しますた。
スポンサーサイト
やったー!テスト終わった(いろんな意味で。)ヒャッホウ、死んだね♪ハイテンションな虚崩です。ちゎー。

でも、式の展開100問テスト、97点だから。

なめんじゃねぇYO

うん、これといって書くことない。・゚・(ノ∀`)・゚・。


ぁ、そぅそぅ。


















































俺8000HITおめ~!!!
紹介?
はぃ、テスト明日なのに日記かいちゃってるすでに負け組みの虚崩です。こんばんゎっと。

今日T氏から日記の才能をかっていただいたので、もう書くょ!俺は!

今日はちょっと友達のHPの真似してネタ風にこのHPを紹介してみたぃと思います。

たぶんつまらんから、なんか指摘してくれるとありがたいです。

でゎ、↓↓↓








通行人「よ、山田。」

俺「ぁ、おっす。って山田じゃねぇよ!ってかおまえ誰だよ。」

田中「田中だよ、田中。忘れたの?まぁ~10年ぶりだから忘れるのも無理ないか。」

俺「10年ぶりって俺4歳かよ!よくおぼえてんな、おまえ。」

田中「まぁ~、いいじゃんか。俺ら昔はこういう(小指立てる)仲だっただろ?」

俺「へぇ~、そーだったのか。って、いやいやいや!まずい、まずいそれ。みそ汁とバナナを混ぜ込んで食べるよりまずい。」

田中「ところで、山田よ。この日記、↑にメイプルプレイ日記って書いてあるのにメイプルのこと全然書いてないじゃないか。」

俺「ってかもう俺山田かよ・・・。あぁ、そうだよ。最初はメイプルの日記だけど、しだいに飽きてきたからね。メイプルなくても生きていけるだってことがわかった。」

田中「じゃぁ、何で生きてるんだ、山田よ。」

俺「食料とあの人と過ごせる時間(プライスレス)でかな。」

田中「へぇ~。」

俺「あれ?俺的にはもうちょっと突っ込んで欲しかったけど。田中はどうなの?」

田中「土地が100坪ぐらいの3LDKの3階建ての家と、金と食料とテレビとラジオとパソコンと友達と携帯と・・・・」

俺「現実的だし、多い!」

田中「まぁいいだろ。あとさ、このHPって日記意外何やっってんの?」

俺「特に何もやってないかな。」

田中「じゃあ他は無駄なコンテンツってことか。」

俺「まぁそういうことになる。」

田中「しょぼいな~。だからアクセス数のびないんだよ。」

俺「おまえにいわれたくねーよ。」

田中「まぁそうカッカすんなって。な?山田。」

俺「だから山田じゃねぇつってんだろ!」

田中「(無視)そいやぁさ、彼女とかいんの?」

俺「まぁー、いますよ。結構長いお付き合いです。」

田中「へぇ~、じゃあかなり進んでるんだ?」

俺「いゃ、進んでない。。。詳しくは前の日記参照で。」

田中「昔の俺ら程でもないってことだな。」

俺「ぇ!?俺らってそんなに進んじゃってんの!?」

田中「やめろよ(恥)恥ずかしい。」

俺「いやいやいや!気色悪いよ!そっちがやめろ!」

田中「ぁ、やべぇそろそろ俺逝かなくちゃ。」

俺「ぁー、早くどこにでも逝け。あの世でも。」

田中「じゃあ記念撮影しようぜ。」

俺「しかたねぇな。じゃあ携帯で撮るぞ。」

田中「おぅ。」

俺「はぃ、チーズ、」

田中「ケーキ。(パシャ)」

俺「そのタイミングかよ。まぁどうでもいいや。」

田中「みてみようぜ。」

俺「そうだな。って田中足は!?消えてんじゃん!」

田中「間に合わなかったか・・・。今度はおれの番だな(田中の周りを光が包む。)」

俺「何、この少しテイルズのエンディングみたいなのは。」

田中「お前とまた会えてよかった。だがもうあえなくなっちまうなんて悲しいけどな。最後に一つだけいっておく。」

俺「な、なんだよ。」

田中「信じること、信じ続けること。これが本当の強さだ。」

俺「最後にテイルズのパクリキタ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─ !!!」

田中「山田とあえてほんとうによかっ(田中消える)」

俺「田中ぁぁぁあああああああー!!!!!なんていうかぁあああああああああ!」

俺「結局、俺山田のままだし。なんだったんだ・・・。」









なんか最後の方よくわからんくなったね。あんま紹介できてねぇし。

よし、勉強いってきま!
はぃ、どーも虚崩です。こんちゃ。

昨日はすみませぬ。なんか、裏・モードになってからね。

昨日のことは流してください。トイレに。






やっべ、↑のセリフはまった。

さて、昨日の出来事。

もうそろそろ体育大会ナンディスヨ。

それでですね、ウチの学校では応援合戦と応援旗作りっつーもんをやります。

その応援合戦で替え歌を作り、踊りをつけやるんですけど、俺の友達が替え歌係で、歌考えたらダメダしされてキレてました。

ダメダしの理由とか聞いたけどくだらんかった。

もっとまともな理由考えれないのかよ( ´,_ゝ`)

んで、もう一回替え歌作らないといけないみたいで俺も微妙に手伝ってました。

それで、色々と面白いのつくってたからなんか俺も作りたくなってきた。

そーいうことで、作りましょう。




以心電信

                 作詞ORANGE RANGE
                 作曲ORANGE RANGE
                  唄ORANGE RANGE
編曲俺

離れてる気がしないね 君と僕との距離
目をつぶっていても 君の声で湧き上がる憎悪

おまえがいるからうつむいてる
でも前向きに事を考えてる
そんなときも同じ空の下で
過ごしてるすぐにまた逢っちまうって
いつも僕らはつながっているんだ

僕らはいつも以心伝心 二人の距離はなす悪口
恋なんてするわけねえだろ やさしい風ほら殺気に変えて
離れてたって以心伝心 だまってたってわかる気分
思いよ届け君の元に 未来つないでく 信号は死のメッセージ

この醜い争い超え
一つの勝利をつかんで
この雄叫び風にのせ
屍の君に届け

君逢えないから 安心だ
そう、前向きに事を考えれる
離れてても同じ空の下で
過ごしてるすぐにまた生きかえる
だっていつも僕らはつながっているんだ

僕らはいつも以心伝心 二人の距離はなす悪口
恋なんてするわけねえだろ やさしい風ほら殺気に変えて
離れてたって以心伝心 だまってたってわかる気分
思いよ届け君の元に 未来つないでく 信号は死のメッセージ

僕らはいつも以心伝心 二人の距離はなす悪口
恋なんてするわけねえだろ やさしい風ほら殺気に変えて
離れてたって以心伝心 だまってたってわかる気分
思いよ届け君の元に 未来つないでく 信号は死のメッセージ



























正直スマンかったorz
今日、切実に悩まされるような出来事があった。

俺はこのままでいいのか、ということで。

さんざん自分を変える、と自分の中で言い聞かせてきたが実際どうだろう。

今まで通り、だれかに背中を押してもらえないと先へ進めないままだ。

何事においてもそれは言えている。

このままでは、俺の全てを、大切のモノでさえも誰かに盗られる、消される気がする。

本当にこのままでいいのか、俺は・・・?

生足のことかぁぁぁあああ!!
今日の俺!!!


今日は部活終了してダッシュで電車に乗り、ラグーナにいきました。

アンダーグラフが来るみたいでそれを見にいったんですよ。

ラグーナには俺と友達二人でいきました。

ラグーナには人がめっちゃいててきとーにみてました。

そうしたら突然腕掴まれて、

「久しぶりだねw」

と、先輩(もちろん女です(ぁ

俺「お久しぶりです。」

先輩「今日、彼女は?」

俺「いません、いま部活終わって走ってきたんで。」

先輩「へぇ~、何しにきたの?」

俺「アンダーグラフ見に来ました。」

先輩「ぁ、あたしもう見たよw」

先輩「じゃぁ、行くねw」



うん、こんな会話だったと思う。

友達K「腕つかまれたとき、おぃおぃ不倫かよって思ったw」

いやぁ、まずぃってw

んで、三人じゃ悲しかったので二人友達呼ぶ。みんなノリがいい。

しばらく椅子に座ってみてたら

友達C「あれ、N達じゃね?」

と後輩発見。

引き入れて、アンダーグラフのライヴを見る。

ツバサと四季と君の声やってました。アコースティックヴァージョンだったけど、一応俺らもツバサ弾くんだよなー。

改めて、無理(ノ∀`)って感じたw

ライブ終了。

友達K[あれ!?T達じゃん!!!」

俺「うわ!?ホントだ。なんでいんの?さっき電話したのに!」

そこにはT,Iの他に生足(ゴリラ)がいました。

その生足、彼女がいるらしくてみんなで

「彼女は?今日居ないの?」

とか聞きまくってました。

んで、ちょっとみんなで話してたらTと生足に呼び出し喰らう俺。

友達T[これちょっと見てみてよ。」

渡されたのは、4列に移ったプリクラだった。

どれも生足と彼女のヤツで(しかも彼女なかなかかわいかったりする)羨ましいなぁ~とか思いながらみていたら

 _, ._
( ゚ Д゚)・・・・・



 _, ._
 ⊃ Д゚)ゴシゴシ



  _, ._
(;゚ Д゚) ・・・・・



は・じ・め・て。の・ち・ゅ・う・ぷ・り??

えぇ~っと、ちゅう?


チュウ!?

ってことはあれですか、接吻ですか、口づけですか、Kissですか。

ってか写真見た感じかなり熟練の技こなしちゃってるようなぁぁぁあああああああああ!!!?!?!?!?!?!?

このとき俺は切に思った。

氏にたい、と。

だって詳しく話しきいてると、50回はもうやってるだと?氏ねよ。

だってよぉ、


名前|経歴|回数|
-----------------
俺 |二年|0 |
-----------------
生足|三ヶ月|50以上|


っていう明らかにもう、泣きたい、いや、氏にたい。

なんかもう悔しすぎてもらっちゃったよそのプリクラ(ぁ

ってかね、俺らは

二人でどこかいっちゃいけないんデス!!!

なんかね~、あちらの母者が二人でいくな~みたぃな~(ぁ

俺がなんかヤヴァイことでもするとでも思ってんですかね。

まぁ俺は昔、よくなかしちゃってたからそのせいだと信じてます。えぇ。

決して俺が危ない人でママさん世界を回ってないことを祈ります。


二人で出かけれないってことをですね、女子の方や男子の方に相談するとですね、

「ぇ!?そんなのありえんじゃん!!」

とか

「○○可哀想だね。」

とか、いう言葉を頂けるのが本当に嬉しいです。

俺らの味方がいるんだなぁ、と思ってしまいます。

いっそ俺らのためにデモとかしてくれればいいのに。

「○○と○○の二人でのデートを認めろー!」

ってね(氏

はぁ・・・、もう今日はブルーなんでこの辺で。

今日の俺!!!

今日はですね、とくに何もなかったですよ、えぇ。

しいていえば学校が半日だったってことぐらい。

生徒会で帰ったの4:00だけどね!

えぇ、保育園電話してましたよ。アンケートつくってましたよ。

まぁおかげで仕事は減りましたが('A`)ヴェノア

そろそろ勉強しないと・・・。

塾のテストがあります。

まぁ、どーでもいいけど。



Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。